Call and Whatsapp +989174257008 - Email: info@irantravelingcenter.com

Shiraz Overview

シーラーズ概要  シーラーズは、テヘランから南へおよそ900キロメートルのところにあるファルス州の首都です。年間降水量が200ミリメートルと少ないにも関わらず、農業が盛んなのは、西に比較的降水量が多いザグロス山脈を控えており、地下水が豊富なためです。郊外には、山脈からの爆水が流れる“失われた楽園“という名前の滝があり、夏には大変にぎわいます。また、周辺には、いまだに遊牧を続ける部族が生活していて、彼らの織る絨毯やギャッベは世界中から注目を浴びています。世界遺産パサルガダエや世界遺産ペルセポリスは、シーラーズが誇る当時隆盛を誇っていたアケメネス王朝の偉大な遺跡です。また、花々であふれる町中にも、きらびやかな鏡細工で覆われたモスク、ステンドグラスが華やかな宮殿、活気つくバザールや憩いの庭園など見どころがたくさんあります。

もっと読む

3-Night French Riviera Tour from Milan to Monaco

CHECK PRICES

Travel to Shiraz

About Shiraz--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

シーラーズへの旅

 

 イラン人の生活は詩なしでは始まりません。古代から栄えた街、シーラーズは、イラン人がこよなく愛する詩人で、ゲーテも絶賛したハーフェズが生涯暮らした街、もう一人の偉大な詩人サアディもこの街に生まれ、世界をめぐってシラーズに骨を埋めました。町中には、春になるとオレンジやバラなどの香りが漂い、世界遺産ペルシャ庭園として登録になったエラム庭園を代表するたくさんの庭園が、その美しさを見せてくれます。1年を通して日差しが強いため、ステンドグラスや建物に使われている鏡細工、モスクのタイル飾りなどをより効果的に見せています。シーラーズ人は、親切なイラン人の中でもより親切だといわれています。困っている人がいればほおっておけず、声をかけてきます。

ナシーロルモルクモスク

 

 それまでの時代とは異なり、タイルの色にピンクが使われているためにピンクモスクとも呼ばれています。特に、今でも使われている礼拝所の、大きな窓に作られたステンドグラスが朝の光を受けて床に映える情景に、ため息が聞こえないことはありません。一番日差しが長く差し込む冬至が一番美しく見られる日ですが、残念ながらその頃は雨期に入るため、その素晴らしい情景を見ることができないこともあります。中庭にの建物の中には、ヨーロッパの建物を描いた、当時としてはモダンなデザインの、カラフルなタイル飾りや複雑な形の鍾乳デザイン、コーランを写したカリグラフなどがあり、その美しさゆえに、“真珠のアーチ”と呼ばれています。

エラム庭園                                            

 

 シーラーズは降水量が少ない割には、西にそびえるザグロス山脈からの地下水が豊富なため、農業が盛んで、街の中にも木々や花を愛でるための庭園をたくさん作ってきました。その中でも、1000年以上も前から当時の為政者たちが使ってきたのがエラム庭園です。ペルシャ庭園のカテゴリーにより世界遺産に登録された庭園です。イラン革命前にはパーレビ王夫妻も避寒地として訪れていました。今でも建物の中には、その頃に使われていたソファーや家具などが保存されています(見学は不可)。現在、庭園はシーラーズ大学農学部の管轄になっており、様々な植物が栽培され、特に春には花を愛でる人たちがたくさん訪れます。大きな池には澄んだ水がたたえられ、そこが、建物を背景として写真を撮るベストスポットになっています。シーラーズの詩人、ハーフェズが謳った“かわいい糸杉”や、時折聞こえるナイチンゲールなどの野鳥の声を聴きながらゆったりとした時間を過ごすことができます。

ザンディーエ コンプレックス

 

 1750年ごろから、シーラーズは50年間ほどイランの首都として栄えました。その当時作られたのが、バザールを中心とした建物群でした。いつでも市民でにぎわう大きな広場のある宮殿アルギ・ハーン城、公衆浴場、ピンクのタイル飾りと螺旋模様の柱がたくさん並ぶヴァキールモスク、八角形がモダンな迎賓館(現在のパルセ博物館)などは、シラーズ観光の目玉になっています。市民の生活に欠かせないバザールの周りには、おしゃれなカフェが続々と開店し、より観光を楽しくさせています。

ハーフェズ廟

 

ハーフェズは、モンゴル系王朝がイランを支配していた時期にシーラーズで生まれ育ち、生涯この地を離れることはありませんでした。ハーフェズの詩は、隠喩が多く、イラン人でさえ理解するのが難しい作品ですが、気品があり、特に声を出して読むと音の響きの美しさが増してきます。ディヴァーネーハーフェズと呼ばれる彼の本は、イランの各家庭には必ず置かれており、迷いごとや悩みごとの指針となるといわれています。現在残っている園内の建物は18世紀後半に、フランスからの建築家を招いて造られたものです。園内にはコーヒーショップ、ハーフェズの詩集などを扱う本や、ハンドメイドの店などもあります。木陰で詩集を読むのも素敵な時間の過ごし方です。

サアディー廟

 

サアディーは、12世紀後半にシラーズに生まれ、イラク、シリア、中国までをも遊学して体験したことをもとに、詩集を作りました。それには、教訓、逸話、警告などがあらわされていて、ペルシャ文学の最高傑作のひとつといわれています。その中でも、“バラ園”の中の“人類の一体性”と呼ばれる一節は、イスファハンの工房によって絨毯の中に織り込まれ国連本部の壁を飾っています。廟はシーラーズ市内東にあります。破壊されていたのを18世紀後半に建て直されたのが現在の廟です。四方の壁には彼の詩が刻まれています。後ろの山から湧き出す豊かな泉の水が園を潤し、家庭に風呂のない時代には、市民はここにきて行水をしたそうです。

アリ・エブネ・ハムゼ廟

 

8代目イマームの兄弟、シャーチェラーグに祀られているアフマドの兄弟でもあるアリの廟です。シャーチェラーグと違い、外国人でも廟内に入ることができます。細かな鏡細工が廟内全体を覆い、大きなシャンデリヤとともに輝く様に目を奪われます。廟にきて願掛けをした人は、願が成就した際には必ずお礼参りをしなければなりません。廟の隣の部屋には、外国人専用の休憩所が設けられており、お茶やお菓子などのサービスを受けながらイスラムやイランについて説明を受けたり質問に答えてくれます。 

シャー・チェラーグ廟

 

 イラン国内では3番目に大きなシーア派巡礼地として、世界各国から巡礼者が訪れます。シャーア派第八代イマーム・アリの兄弟のモハンマドとアフマド(西暦9世紀)がシラーズで亡くなった後、人知れずに葬られました。その後、14世紀前半、夜になると不思議な光が輝く場所があることに気づいた召使が、王に王様(シャー)、光(チェラーグ)が見えますと伝え、二人の墓を見つけた、という話から名前が付いたとのことです。その王によって廟が建てられ、地震での崩壊などを経て現在のかたちになりました。大きなトルコ石色のドームが2つ、大きな水場のある広い中庭に面して建っています。廟内は鮮やかな色彩のステンドグラス、鏡細工で飾られ、廟の周りにはいつも願をかけるたくさんの人たちで混雑しています。灯りがともるころ、中庭に座り幻想的な風景を眺めながらゆったりと時間を過ごすことができます。24時間開館、外国人は、廟専用ガイドとともに入館することが義務つけられており、残園ながら外国人は廟内に入ることができません。

サアディー廟

 

サアディーは、12世紀後半にシラーズに生まれ、イラク、シリア、中国までをも遊学して体験したことをもとに、詩集を作りました。それには、教訓、逸話、警告などがあらわされていて、ペルシャ文学の最高傑作のひとつといわれています。その中でも、“バラ園”の中の“人類の一体性”と呼ばれる一節は、イスファハンの工房によって絨毯の中に織り込まれ国連本部の壁を飾っています。廟はシーラーズ市内東にあります。破壊されていたのを18世紀後半に建て直されたのが現在の廟です。四方の壁には彼の詩が刻まれています。後ろの山から湧き出す豊かな泉の水が園を潤し、家庭に風呂のない時代には、市民はここにきて行水をしたそうです。

ナーランジスタン館

  ピンクモスクから徒歩5分ほどのところにある、19世紀から20世紀にかけてのシラーズの統治者一族が住んでいた館の一つです。館の名前にあるナーランジは橙の意味です。中庭は橙がたくさん植えられていて、その花は乾燥してお茶に入れて飲むのがシラーズ人の春の楽しみです。大きな水場は透き通る水が噴水となって吹き上がり、その周りは季節の花でいつも彩られています。鏡細工や螺鈿細工、2階に上がれば天井には板の上に描かれた西洋風の女性像が色彩も鮮やかに残っています。地下は手作り品を展示・販売しており、イラン伝統音楽を聞かせてくれるサロンもあります。隣は同じ一族の館、ジーナトルモルク館です。イランに関係する人たちの蝋人形が飾られていることでも有名です。この2つの館はシラーズ国立大学が管理しています 

  • Qashqai Carpets & Gabe
  • Carpet weaving
  • Leather
  • Wooden works
  • Clay works
  • Brocade weaving
  • Khatam (inlaid work)
  • Engraving on metal
  • Silver work
  • Ceramic
  • Tiles

 

The hotels of this city are mainly modern, though you will observe the Persian culture and architecture in them. Most hotels of this city are located in the city center and near the major attractions of the city such as Zandiyeh Complex, Nasir-al-Molk Mosque, Qavam House, Eram Garden and Hafiz Mausoleum. Besides luxury and modern hotels, several boutique hotels are being built recently inside the old district of the city and if you are interested in staying in these types of hotels, you can choose them.

PLEASE SEND YOUR REQUEST BASED ON YOUR INTEREST!