Call and Whatsapp +989174257008 - Email: info@irantravelingcenter.com

Isfahan Overview

イスファハン概要  イスファハンは、2500年以上前から軍事基地として名前が挙げられています。イスファハンの産業で一番に挙げられるのは製鉄業です。その生産が始まったのは1971年で、今年の生産量は1.900.000 トンです。国内需要をほぼ補えるように、来年にはその2倍の生産量を目指しています。また、イスファハンはイランの観光業ではなくてはならない町です。特に有名になったのは、17世紀、サファヴィエ朝がここに都をおいてからです。町中を流れるザーヤンデ川は市民の憩いの場であり、周りの果樹園などを潤す重要な水の供給源で、現在では他の町の農業地帯へも水を供給しています。世界遺産のイマーム広場は、川の東側にあり、当時、ここに来れば世界の半分を見て取れる、といわれるくらい、イラン建築・美術において目覚ましい発展を遂げました。400年以上も前に建てられたモスクのタイル飾りは細かいアラベスク模様がターコイズやトルコ石色の青に映え、たくさんの観光客を魅了してきています。川の西側は、アルメニア人地区があり、イスラム美術とキリスト教美術が混合したヴァンク教会やマリヤム教会などが静かにたたずんでいます。石畳の路地にはおしゃれなカフェが並び、夕暮れにのんびりと散策するのも楽しいです。

もっと読む

3-Night French Riviera Tour from Milan to Monaco

CHECK PRICES

Isfahan Highlights

Things To Do

Handicraft and Shopping

Isfahan Hotels

travel

Travel to Isfahan

イスファハンへの旅行

 

 イスファハンはイランの観光業ではなくてはならない町です。特に有名になったのは、17世紀、サファヴィエ朝がここに都をおいてからです。町中を流れるザーヤンデ川の東側には世界遺産のイマーム広場があります。当時、ここに来れば世界の半分を見て取れる、といわれるくらい、イラン建築・美術において目覚ましい発展を遂げました。川の西側は、アルメニア人地区があり、イスラム美術とキリスト教美術が混合したヴァンク教会やマリヤム教会などが静かにたたずんでいます。石畳の路地にはおしゃれなカフェが並び、イラン人街とは異なる趣があります。

  • イスファハン ハイライト

Ali Qapu

アーリー ガープー

 

アーリーガープーとは、トルコ語で、大きな門、という意味です。当時ここに都をおいた王朝はトルコ語圏出身だったことから、この名前を付けたといわれています。各階中2階付き3階建て、イマーム広場に面したバルコニーからは、当時、王族や招待客がポロー競技や軍隊の謁見式を楽しんだといわれています。400年以上前の壁画は色褪せてはいるものの、金やペルシャンブルーで彩られ、当時の豪華さを残しています。バルコニーには水をたたえる池を作り、驚いたことに、当時の科学者の手で作られた動力なしの噴水が上がっていたそうです。その天井は、組木つくりで、ようやく長年の修復が終了しました。段差が大きいため上るのが少し困難な階段を上って最上階へ上がると、不思議な空間にたどり着きます。音楽堂、と呼ばれる部屋で、壺や花瓶のような形を漆喰の中にくりぬいた壁が特徴的です。このようなデザインは音響効果を考えたからだといわれています。


Naqshe-e Jahan Square

イマーム広場

 

ナグシェージャハン広場とも呼ばれる世界遺産で、イスファハンを代表する観光サイトです。昔はシャー広場と呼ばれていた広場で、イスファハンの中心に位置しています。サファヴィー朝時代の1598年に建築が開始され、1629年に完成したといわれています。160メートルで、長さは560メートル(89,600 m2)の場所に、2件のモスクと1件の宮殿、庭の周りを囲む4方の建物は2階建てで、現在は、土産物屋や市民の生活を支えるバザールなどが軒を並べています。広場の周りにある建物はサファヴィー朝からの建物です。イマームモスクは、イラン国内で一番高いドームを持ち、青や緑、黄色などの彩色が緻密なアラベスク模様を引き立てています。シェイク・ロトフォラーモスクは、特に天井の孔雀羽模様が、人の手で作られたとは思えない、と当時のヨーロッパ人を驚愕させました。園内を馬車に乗って回ることもできます。夜景も素晴らしく、特に夏には、涼を求めて芝生でくつろぐ家族連れなどでにぎわいます。

Chehel Sotoun Palace

チェヘル・セトゥーン宮殿

 

 

サファヴィエ朝シャーアッバス1世によって建築が始められ、孫のアッバス2世によって完成された、迎賓館です。チェヘルとは数字の40を表し、セトゥーンは柱を意味します。実際には、建物前面には20本の柱しかありませんが、それが目の前にある池に映り、上下で40本に見えることからこの名前が付けられました。現在、建物内部には、当時の大きな絵画が飾られています。戦いの絵やインドやウズベキスタンからの客を招いての宴の様子などが描かれています。


Khaju Bridge

ハージュ橋

 

 ハージュ橋は、1650年頃シャーアッバス2世によって建てられた、歩行者専用の橋です。当時の漆喰つくりが天井に残りタイル飾りのある王侯専用の部屋から、王侯が川の眺めを楽しんだといわれています。実際、橋の上から川の流れを眺めると、船に乗って川下りをしているように錯覚に襲われます。ポープ教授 (Arthur Upham Pope)とジャン・シャルダン (Jean Chardin) は、ハージュ橋は、美と実用性を兼ね備えた、イランの橋の建築の中でも一番素晴らしいと賞賛を送っています。

Imam Mosque

イマームモスク

 

1612年、アッバス1世によって建築が開始され、1638年に完成したモスクです。大きな木扉の両脇には、天国の花々を思わせるアラベスクが空に届くほどの高さのアーチとその両脇に描かれています。中に入ると、イランで一番高さのある、美しい形をしたドームが見えてきます。そのドームの上にも、建物の壁にも、他の町では見られないような細かでゴージャスな模様が描かれています。アッバス1世はイスラム建築・美術を大変発展させたといわれる王で、その骨頂をここで見ることができます。モスク中庭の左手には小さ目の庭があり、英語・フランス語に堪能なイラン人のイスラム宗教学者が、イスラムについての疑問や質問に丁寧に答えてくれる、フレンドリー フリー トーキングを行っています。時間があれば、ぜひ、訪ねたい場所です。


Vank Cathedral

This is a world-famous architectural monument of the Safavid period in New Jolfa. The belfry faces the main entrance. There is a small museum (originally built in 1930 , and moved to the present day premises in 1971) where you might be able to find a guidebook on New Jolfa in English , or someone who speaks English , as most educated Armenians do. There are as many as 13 other churches in New Jolfa as well. The next two famous ones are the Holy Mother of God and the Bethlehem. Vank Cathedral’s Press was founded in 1636 and was one of the first ones in the Middle East to print the Book of Psalms in 163 8. During its 3 5 0 years of operation the Cathedral’s Press has printed about 500 books and thousands of pamphlets, etc.

Sheikh Lotfollah Mosque

シェイフ・ロトフォッラーモスク

 

 このモスクは、当時、レバノンのシェイフ ロトファッラーという宗教学者をぜひととも自分の都に招聘したいという、アッバス1世の願いによって建てられたといわれています。建物正面のタイル飾りは青を基調とした色合いで、ドームの落ち着いたベージュの色合いに非常によく合っています。暗い廊下を抜けて、ドームの下の部屋に入ると、まず目を奪われるのは天井を覆う孔雀の羽模様です。人の手で作られたとは思えない、と言われたのも無理はありません。どのように計算したら、このようにすべてがきっちりと収まるのか、見当もつかないデザインです。また、部屋は4角ですが、ドームに向かって、徐々に8角、16角へと移行して円になっていく様子も素晴らしい技術です。


イスファハンのハンディクラフトと特産

 

·         手織りカーペット

·         キリム

·         ハータム

·         ミーナーカール

·         銀、宝石細工

·         セラミック

·         タイル

·         ヌガーなどの菓子類

 

·         かりんやザクロなどの果物

Booking Hotel in Isfahan

Accommodations and hotels will have a direct influence on your satisfaction level during your travel to any country. In Iran there are different kinds of accommodation places in addition to the common European accommodation places. For instance, you can stay at 2- to 5-star modern hotels of big cities, traditional boutique hotels, guesthouses, hotel apartments, nomad tents and rocky villages. Thus, you will have a different and memorable experience by choosing to stay in the above mentioned accommodations in Iran.Below you can see a list of the best Iran hotels in different cities.











application form icone

PLEASE SEND YOUR REQUEST BASED ON YOUR INTEREST!

シラーズから車で約2時間、土漠の山道の一本道を進んでいくと、急に山に緑が増えてくるのに気が付きます。

(photo 2)

今回は、イラン人の女性のみの団体1日旅行です。イラン人は、基本的に家族で旅行や郊外へ遊びに出ます。それがだんだん女性が自立するようになり、10年以上前では考えられない、主婦たちだけの集まりで旅行する、ということが見られるようになりました。バスの中で、陽気な音楽に合わせて踊りだすのは日常茶飯事です。

( photo 3)

山道を降りて小さな村に入ると、水を張った水田の脇に緑に育ったコメの苗がおかれていました。田植えの準備です。向こうには、ダムが水をたたえて青く光っているのが見えます。今年の春には、例年になく5月下旬まで雨が降り(イラン中央部は、4月末から10月初めまで雨が降りません)、時には洪水になるくらいの勢いでした。ここ数年、干ばつにも似たカラカラ天気が続いていたので、特に農家にとっては本当にうれしい雨です。ここは、ファルス州の穀倉地帯で、特にここで穫れるコメは、他のイラン米に比べてジャポニカ米に似てでんぷん質の多いものです。

(photo 4)

村道を抜けて砂利道へ入っていきます。両側に細い流れが見えてきます。木々の緑と水の流れ、なんともうれしい風景です。広い駐車場の向かいには、お茶やお菓子、アイスクリームなどを売る店が並んでいます。その前に、仔馬が母馬のそばにおとなしく寄り添っていました。滝までの10分ほどの道のりを歩いていくのが困難な人を乗せて運ぶ役目です。

(photo 5)

砂利道を行くと、下を流れる水の量が増えていき、子供たちが水遊びをしているのが見えます。うっそうと茂った樹々の下を歩きながら、シラーズからほんの2時間でまるで違う風景を見られることに驚きます。

(photo 6)

水の音が人々の声をかき消すほどです。ファルス州の年間降水量が200ミリほどなのに、ここでは、1秒に200ミリ以上の水が落ちてきています。ザグロス山脈の恩恵を受けた、失われた楽園、の姿です。

(photo 7) (photo 8)

この日は金曜日、イランの休日です。昨晩からの泊り客のテントがたくさん並んでいます。これだけ人が集まっても散らばったゴミが少ないのは、教育の成果、たくさんのごみ箱の設置効果もありますが、清掃係がちゃんと清掃してくれているからです。

 この夏、一押しの避暑地、失われた楽園へぜひ、行ってみてください。

(photo 9)

シラーズから車で約2時間、土漠の山道の一本道を進んでいくと、急に山に緑が増えてくるのに気が付きます。

(photo 2)

今回は、イラン人の女性のみの団体1日旅行です。イラン人は、基本的に家族で旅行や郊外へ遊びに出ます。それがだんだん女性が自立するようになり、10年以上前では考えられない、主婦たちだけの集まりで旅行する、ということが見られるようになりました。バスの中で、陽気な音楽に合わせて踊りだすのは日常茶飯事です。

( photo 3)

山道を降りて小さな村に入ると、水を張った水田の脇に緑に育ったコメの苗がおかれていました。田植えの準備です。向こうには、ダムが水をたたえて青く光っているのが見えます。今年の春には、例年になく5月下旬まで雨が降り(イラン中央部は、4月末から10月初めまで雨が降りません)、時には洪水になるくらいの勢いでした。ここ数年、干ばつにも似たカラカラ天気が続いていたので、特に農家にとっては本当にうれしい雨です。ここは、ファルス州の穀倉地帯で、特にここで穫れるコメは、他のイラン米に比べてジャポニカ米に似てでんぷん質の多いものです。

(photo 4)

村道を抜けて砂利道へ入っていきます。両側に細い流れが見えてきます。木々の緑と水の流れ、なんともうれしい風景です。広い駐車場の向かいには、お茶やお菓子、アイスクリームなどを売る店が並んでいます。その前に、仔馬が母馬のそばにおとなしく寄り添っていました。滝までの10分ほどの道のりを歩いていくのが困難な人を乗せて運ぶ役目です。

(photo 5)

砂利道を行くと、下を流れる水の量が増えていき、子供たちが水遊びをしているのが見えます。うっそうと茂った樹々の下を歩きながら、シラーズからほんの2時間でまるで違う風景を見られることに驚きます。

(photo 6)

水の音が人々の声をかき消すほどです。ファルス州の年間降水量が200ミリほどなのに、ここでは、1秒に200ミリ以上の水が落ちてきています。ザグロス山脈の恩恵を受けた、失われた楽園、の姿です。

(photo 7) (photo 8)

この日は金曜日、イランの休日です。昨晩からの泊り客のテントがたくさん並んでいます。これだけ人が集まっても散らばったゴミが少ないのは、教育の成果、たくさんのごみ箱の設置効果もありますが、清掃係がちゃんと清掃してくれているからです。

 この夏、一押しの避暑地、失われた楽園へぜひ、行ってみてください。

(photo 9)