Call and Whatsapp +989174257008 - Email: info@irantravelingcenter.com

SIMカードでネットへアクセス、言葉の壁も乗り越えて

旅程表( 2017.10月)
旅行名 イラン4都市周遊8日間
旅行先 イラン(マシャハド・イスファハン・シラーズ・テヘラン)
期間 2017年10月13日(金)~19日(木)
日程
日付
スケジュール
食事
宿泊先
1日目
13日
0:01 羽田空港 QR811便(JL7999便) → 05:50 ドーハ/ハマド国際空港 機内
Hotel Farhang & Honar
(Culture & Art)
08:00 ドーハ/ハマド国際空港 QR482便 → 10:35 テヘラン/イマームホメイニ国際空港
→ 日本語ガイドと合流 → アザーディー・タワー観光 → メヘラバード空港
17:00 メヘラバード空港 135698便(ATA Airlines) → 18:15 マシャハド空港
(金) → チャーター車にてホテルへ → 夜 ハラメ・モタッハル広場、エマーム・レザー廟観光 マシャハド泊
2日目
14日
終日、マシャハド市内観光 × ×
Hotel Farhang & Honar
(Culture & Art)
  午前:エマーム・レザー通り、バザール・レザー
(土)   午後:人類学博物館(休館)、ハラメ・モタッハル広場、エマーム・レザー廟(2回目) マシャハド泊
3日目
15日
9:00 ホテルロビーで運転手と待ち合わせて空港へ × ×
10:45 マシャハド空港 5704便(ATA Airlines) → イスファハン空港(13:30)
運転手と合流後、バスターミナルに行き、手荷物を預け、その後、マスジェデ・ジャーメへ。
市内観光 - マスジェデ・ジャーメ(金曜モスク)、ヴァーンク教会、アーリーガープ宮殿、
         マスジェデ・イマーム(王のモスク)、マスジェデ・シェイフ・ロトフォッラー、
         イマーム広場、ゲイザリーイェ・バザール
22:00 運転手とAbbasiホテルのロビーで待ち合わせ、バスターミナル(テルミナーレ・カーヴェ)へ移動
(日) 23:55 バス出発(VIPバス) 車中(バス)泊
4日目
16日
早朝(6:35) シラーズのバスターミナル(テルミナーレ・カランディッシュ)到着 → タクシーで × × ×
Hotel Karim Khan
ホテルへ移動 → ホテルに荷物を預けて終日市内観光
  マスジェデ・ナスィーロル・モルク(ピンク・モスク)、シャー チェラーグ廟(ガイド付く)、マスジェデ
  ・ジャーメ(Atigh・ジャーメ・モスク)、マスジェデ・ヴァキール、パールス博物館、キャリム・ハーン城塞
(月) 夜:シャー チェラーグ廟(2回目、ガイド付く→後、フリー) シラーズ泊
5日目
17日
午前:市内観光 - ハーフェズ廟、アリー・エブネ・ハムゼ聖廟(ガイド付く) × ×
Hotel Omide daneshgah
13:30 運転手とホテルのロビーで待ち合わせ、空港へ移動
15:00 シラーズ空港 HH6296便(Taban航空) →  テヘラン/メヘラバード空港
(火) 到着後、エアポートタクシーでホテルへ移動 テヘラン泊
6日目
18日
終日、観光 - ゴレスターン宮殿、イラン考古学博物館、テヘラン平和博物館 × ×
ホテルに戻り、タクシーでイマームホメイニ空港へ移動
(水) 22:35 IKA:テヘラン/イマームホメイニ国際空港 QR500便 (機内)
7日目
19日
→ 0:10 ドーハ/ハマド国際空港 機内
02:35 ドーハ/ハマド国際空港 QR806(JL7994便) → 18:40 成田空港
(木)
宿泊ホテル
マシャハド
Hotel Farhang & Honar (Culture & Art)
Tel: +98 51 3855 2050
シラーズ
Hotel Karim Khan
Tel: +98 71 3223 5001
テヘラン
Omid Hotel Tehran
Tel: +98 21 6641 8415

 

今回、イランに行きたかった理由は、前回の団体ツアー旅行(1999年8月)のときに、夜に行ったシラーズの「シャー・チェラーグ廟」が余りにもきらびやかで、美しく、ものすごく感動したのですが、現地のガイドさんから、マシャハドにはもっとすごいモスクがあると聞いたので、機会があったらぜひ見に行きたいとずっと思っていたからです。

 

 マシャハドの「エマーム・レザー廟」は、予想どおり、中はキラキラで、豪華で、想像どおりの素晴らしいところでしたが、事前にネットで調べ過ぎたせいもあって、前回行ったときのシラーズの「シャー・チェラーグ廟」より、感動が薄かった気がします。

また、「シャー・チェラーグ廟」の方が、ガラスに色が付いている分、エマーム・レザー廟より、豪華で、きれいな感じがしました。

しかし、マシャハドはシーア派の聖地だけあって、想像以上の礼拝者数と礼拝する場所の広さ、荘厳な雰囲気には驚きとともに、感動しました。

はやりマシャハドに行ってたいへん良かったと思っています。

 

なお、情報として、エマーム・レザー廟では、観光客にはガイドが付く場合があるとネットでは情報が出ていますが、2回入場したのですが、2回ともガイドは付きませんでしたし、イマーム・レザーの聖墓にも入れました。

ただし、入口で、荷物チェックがあり、カメラの持ち込みは禁止でしたが、スマートフォンの持ち込みは可能で、写真も自由に撮れました。

 

シャー・チェラーグ廟では、2回ともガイドが付きましたが、荷物のチェックは無く、説明の後は自由行動で、聖墓にも入れましたし、スマートフォンでの撮影もできました。

 

旅行の中に困ったことは、数字がアラビア数字でなく、ペルシャ数字でわからなかったことと、英語が私もあまり得意でないし、イランの方も英語がわからない方も多くて、意思の疎通が難しかったことですが、タクシーやお土産屋さんでのお金のやりとりは、電卓に(アラビア数字を)表示してもらってやりとりしたので、どうにかなりました。最初は、単位もよくわからなかったですが、段々と相場観がでてきて、スムーズに行くようになりました。

 

また、最も焦ったのは、マシャハド空港でイスファハンに行く飛行機に乗るために搭乗エリアに入ったら、表示がペルシャ語でしかなく、読めないうえ、チケットには搭乗ゲートの記載もなく、搭乗時間も迫る中、どこのゲートから乗って良いのかわからず、右往左往していたら、親切なイランの方が、搭乗口はまだ決まっていないので、そこで待っていれば、教えるからと言っていただいて、助かりました。

 

一方、良かったことですが、テヘラン空港からのガイドさん(REZA BAGHIZADEH KHAMANEHさん)がたいへん良い方で、旅行中に何かあったら、いつでも携帯電話に連絡していいですよと言っていただきましたし、最終日に時間があったら自宅に来てくださいとまで言われました。(悪いし、時間もなかったので遠慮しました)

また、両替とか、プリペイドSIMの購入手続き、メヘラバード空港に行く途中に、「アザーディー・タワー」に寄っていただいて、クローズしたところなのに、入場させてもらったりと、旅行のスタートにあたり、たいへん良いガイドさんに出会えました。 

 

なお、プリペイドSIMが購入できたので、旅行期間中、ネット接続ができ、Googleマップを利用して、一人歩きするのにたいへん助かりました。時間制限はありますが電話もでき、安いですし(20万リアル)、旅行者にはお勧めです。

 

次に、少し残念だったことを書かせてもらいますが、テヘランのOmideホテルです。

テヘランなので、ホテル料金が高いのかもしれませんが、部屋全体が古く、明り取りの天窓はありますが、窓が無く、外が見えない部屋で、壁紙もシミがひどかったり、マシャハドとシラーズのホテルと比較すると、同じ三ツ星ホテルとしては、? でした。

また、フロントも狭いうえ、常時1人しかおらず、どの方も、電話していることが多くて、待たされたり、英語が話せない方の時もありました。

私は、あまりホテルにはこだわらないほうなのですが、最低限の設備は整っていましたが、朝食や雰囲気も含め、良くて2星程度ではという感じでした。

 

最後に、失敗したなぁと思ったことを書きます。

当初、阪野さんからいただいた提案を、シラーズからテヘラン行く飛行機が遅れたり、キャンセルになる可能性も考えて、テヘランに一泊した方が安全だと考え、イスファハンでの宿泊は無しにして、テヘランに宿泊するよう修正をお願いしましたが、イスファハンは見どころが多く、滞在時間が足りませんでした。また、閉館時間が冬時間で、早まっていたこともあり、マスジェデ・イマームやマスジェデ・シェイフ・ロトフォッラーには、入場できませんでした。

今更ではありますが、最初に頂いた提案の方が良かったと思っております。

 

以上、特に感じたことなどを思いつくままに書きましたが、最初のイラン旅行も良かったですが、今回の旅行も、それ以上に充実し、満足できた旅行でした。

 

「今度、イランに旅行に行く」と話すと、「危険じゃないの」、「大丈夫なの」という方がほぼ全員で、日本では、イランや中東諸国の実際の姿が、見えていないのが現実だと思います。

本当は安全で、旅行しても全く問題ない中東諸国なのに、マスコミ報道の問題も含め、風評被害だと思います。非常に残念です。

3度目のイラン旅行が直ぐにあるかというと、まだ行きたい国がいくつかあるので、まだまだ先になると思いますが、機会があれば、ヤズドなど行っていないところもあるので、ぜひもう一回は行きたいと思います。

 

今回、突然の飛行機のキャンセルなどがあったりしましたが、迅速に対応いただき、全く問題なく旅行を終えることができたのも、阪野さんのサポートのおかげだと思います。

本当に、お世話になりました。

 

なお、参考までに、私の実際の旅行の行程表をまとめましたので、併せて添付しておきます。

御社のますますの発展をお祈りし、はなはだ簡単ではありますが、お礼とさせていただきます。ありがとうございました。

 

白井良人(敬称略)

About the Author