Iran Traveling Center 会社概要 - Iran Traveling Center

Pin It
Iran Traveling Center

支払い方法と返金方法

アメリカの経済制裁が解除された現在でも、まだ、イランは他の国々との銀行取引ができない状況が続いております。

そのため、日本の銀行口座にお振り込みいただくか、または、イランへいらした際に弊社スタッフにお支払いいただくか、ご希望のお支払い方法をお選びください。

キャンセル等による返金 当社規定第3章第9条により、旅行者が手配旅行契約をキャンセルした場合、既に支払った旅行代金から既定のキャンセル料金を差し引き払い戻しをいたします。

また、イラン到着後にお支払いご希望の方でキャンセルされた方は、日本の銀行口座に以下のキャンセル料金をお振り込みいただきます。

 

キャンセル料金は以下の通りです。

イラン国内航空券代金:キャンセルの日にちにかかわらず100%

旅行開始90日前:イラン国内航空券代金のみ

旅行開始60日前:イラン国内航空券代金+イラン国内航空代金を除いた請求額の15%

旅行開始30日前:イラン国内航空券代金+イラン国内航空代金を除いた請求額の20%

旅行開始14日前:イラン国内航空券代金+イラン国内航空代金を除いた請求額の30%

旅行開始7日前:イラン国内航空券代金+イラン国内航空代金を除いた請求額の50%

旅行開始3日前:イラン国内航空券代金+イラン国内航空代金を除いた請求額の70%

旅行開始2日前:請求額の100%

会社概要

会社名 Homafaran Khorshid Savar (Iran Travel Center) より改名
代表社名

 

Hasan Abdollahi

 

資本金 10,000,000リアル

 

設立日 2012年4月30日
登録機関名および登録番号 イランイスラム共和国 文化・手工芸・観光庁91240/832

予約方法とその流れ

1. ビザ申請代行のみを希望する場合 弊社サイト中にあるビザ申請書式に記入し、パスポートの一ページ目をスキャンしてインターネットによりお送りください。イラン外務省から発行されたビザ承認番号をお送りしますので、在日イラン大使館へその番号とパスポート、写真2枚を直接お持ちになるか又は電話で確認後郵送し、ビザを受け取ります。 代行料金は当社指定の銀行口座へお振込みいただきます。

2. ツアーをご希望の場合 弊社サイト上の”ペルシア トリップ プランナー”にある書式に、ご希望の出発日、ツアー名等、必要事項を記入しお送りください。サイトに掲載しているツアーのほかにも、皆様のお好みに合ったプランをお作りします。ビザ申請代行も並行してお申し込みいただけます。 ツアープランが決定した段階で当社からツアー表をお送りいたしますので、ツアー料金を弊社指定の銀行口座へお振込みいただきます。確認が取れ次第、ホテル、運輸機関等の予約を行います。 日本から出発する数日前に、確認のメールをお送りいたします。

3. ホテル、航空券等の予約のみを希望する場合 必要事項を弊社サイト上の”ペルシア トリップ プランナー”にある書式に記入してお送りください。 予約が取れ次第お知らせいたします。 料金は当社指定の銀行口座へお振込みいただきます。

約款/その他

手配旅行契約

第一章                        総則

第一条 当社は旅行者との間で締結する手配旅行契約は、この約款に定めるところによります。

第二条 この約款で「手配旅行契約」とは、当社が旅行者の委託により、旅行者のために代理に取次ぎをすることにより旅行者が旅行に関するサービスの提供を受けることができるように、手配することを引き受ける契約をいいます。

     「旅行代金」とは、当社が旅行サービスを手配するために、運賃、宿泊機関等に対して支払う費用および当社の旅行業務取り扱い料金を言いますが、変更手数料および取り消し手数料は含まれません。

第三条 当社が万全な管理者の注意を持って旅行サービスの手配をしたときは、手配旅行契約に基づく当社の債務の履行は終了します。

第二章                        契約の成立

第四条 当社と手配旅行契約を締結しようとする旅行者は、当社所定の申込書に所定の事項を記入し提出します。

第五条 当社は当社の業務に支障がある場合は手配旅行契約を締結しない場合があります。

第六条 手配旅行契約は、当社が契約の締結を承諾した時点で成立するものとします。

第七条 当社は、手配旅行契約成立後、旅行者に対し、旅行日程、サービス内容、代金および旅行条件等、旅行に関する事項を記入した書面を交付します。

第三章                        契約の変更および解除

第八条 旅行者の求めにより、当社は、旅行日程・サービス内容を変更することができます。旅行者は、その際に生じた取消料、違約料その他の変更に要する費用を当社に対して支払わなければなりません。

第九条 旅行者はいつでも手配旅行契約の全部、または一部を解除することができます。その際、旅行者が既に提供を受けた旅行サービスの対価として、また、いまだ提供を受けていない旅行サービスにかかる取消料、運輸・宿泊機関等へ当社が旅行者に代わって既に支払い、またはこれから支払う費用を負担しなければなりません。

第十条 当社は、次に掲げる場合において、手配旅行契約を解除することがあります。

一    旅行者が所定の期日までに旅行代金を支払わないとき。

二    前項の規定に基づいて手配旅行契約が解除されたときは、旅行者は既に提供を受けた旅行サービスの対価として、また、いまだ提供を受けていない旅行サービスにかかる取消料、輸送・宿泊機関等へ当社が旅行者に代わって既に支払い、またはこれから支払う費用を負担しなければなりません。

第十一条 旅行者は、当社の責に帰すべき事由により旅行サービスの手配が不可能にになった場合には、手配旅行契約を解除することができます。その場合には、当社は旅行者が既に支払った旅行代金を全額返済します。

第四章     旅行代金

第十二条 旅行者は、旅行開始前の当社が決める期間までに、当社に対し、旅行代金を支払わなければなりません。

2 当社は、旅行開始前において、輸送・宿泊機関等の運賃・料金の改訂、その他の事由により旅行代金の変動を生じた場合は、当該旅行代金を変更することがあります。

3 前項の場合において、旅行代金の増加または減少は、旅行者に帰属するものとします。

第十三条 当社は、当社が旅行サービスを手配するために輸送・宿泊機関等に対して支払った費用で旅行者の負担に帰すべきものおよび取り消し料金と、旅行代金として既に収受した金額とが合致しない場合において、旅行の最終日にて速やかに旅行代金の精算をします。

第五章     当社の責任

第十四条 当社は、手配旅行契約の履行に当たって、当社または当社が手配を代行させた者(以下「代行責任者」といいます)が故意または過失により旅行者に損害を与えたときは、その損害を賠償する責に任じます。ただし、運輸・宿泊機関、天災地変、戦乱、暴動に事由する場合には損害を賠償する責任を負うものではありません。

第十五条 旅行者の故意または過失により当社が損害を被ったときは、当該旅行者は、損害を賠償しなければなりません。

2 旅行者は、手配旅行契約を締結するに際しては、当社から提供された情報を活用し、旅行者の権利義務その他の手配旅行契約の内容について理解するよう努めなければなりません。

3 旅行者は、旅行開始後において、契約書面に記載された旅行サービスを円滑に受領するため、万が一契約書面と異なる旅行サービスが提供されたと認識したときは、旅行地において速やかにその旨を当社または代行責任者に申し出なければなりません。